グランベリーによる改造車の買取について

グランベリーは車の種類や年式によらず、多くの車を買い取ってきている会社ですが、特に改造車もしっかり査定してくれると好評なお店です。車買取において改造車はとても難しいと言われており、とくに純正部品が無い、純正状態に戻せない車両については査定をしないという業者も多くなっています。そのため、改造車を乗っていた方々が査定をできるお店を探しているということも多く聞かれます。

グランベリーでは改造車でも査定をしてくれることが多いです。改造車については外装、内装、エンジン、サスペンションと改造範囲がそれぞれ広範囲に渡り、また、素人が施工したもの、プロが施工したものでかなり変わってくるものでもあります。査定のポイントとしては純正部品があれば戻すことが多くなるようです。その上で改造パーツは別にオークションに出すということもありますので査定はできることが多いです。

ただし、改造パーツを残したほうが車の価値が上がることもあり、その場合は純正部品を販売することもあります。ただし、エンジンなどの場合は改造範囲がはっきりしていたとしても査定が難しいことが多いようです。そのため、買取はするが査定を下げる傾向が強くなりますが、改造車の中にはメーカーが認めた車両もあり、そのような場合は逆に高値となる傾向が強くなっています。改造車でもっとも多いのがサスペンション周りと言われています。

サスペンションについては純正パーツよりも耐久性が弱いことが多いので査定では厳しくなりますが、純正パーツが残っていればそれほどひどくはならないと考えます。外装パーツについては車検が通ることが最低条件です。サーキット仕様など車検が通らないパーツをつけていることもありますが、純正パーツがあれば買取は行われるようです。また、タイヤやホイール、マフラーについては車検が通ればプラス査定となる傾向が強いです。特にアルミホイールについてはメーカーによってかなりの高額査定が期待できます。

グランベリー公式サイトはこちら:http://www.gcar.co.jp/syako/kaitori/