RVも含めた改造車の買取ならファクトリーウィン

改造車といえば、スポーツタイプが多かったのですが、車の人気は移ろいやすいものであり、スポーツタイプからRV、ワンボックスへ変化してきているようです。ファクトリーウィンに持ち込まれる車も多くがRVやワンボックスであり、また、改造する範囲も従来のようにエンジンやサスペンションから外装や内装に変わってきているようです。

車を改造する際に問題となるのが車検対応です。車検は数年に一度とはいえ、改造した場合は車検が通らないということもよくあります。そのため、車買取においても車検が通ることが必須とも言われてきています。ただし、車検は通るが販売が難しい改造範囲もあり、車買取サービスによっては改造車は基本的に査定しないという場合もありますので、査定依頼時に確認しておきたいところです。

車の改造範囲はスポーツタイプならエンジンやサスペンションが上げられますが、RVやワンボックスの場合はサスペンションも多いですが、外装にこだわる方が多いようです。外装については主にボンネットやサイド周りが多いですが、フロントバンパーを社外品にする方が多いです。

バンパー程度であれば車検はほぼ問題ないのですが、サスペンションと同時に変えて車高を下げている場合は車検対応でなければほぼ買取がきびしいと言われています。また、純正パーツが残っている場合はプラス査定となるケースが多いので交換時にできれば残しておくと良いです。ただし、交換パーツが人気の場合は純正に戻した上で別なオークションで販売されるケースも多くなっています。このほか、アルミホイールも人気が高く高価買取となるケースが多いです。

RV系の改造でリフトアップされることが増えていますが、車検においてリフトアップはほぼ問題ないために改造の中でも人気となっています。ただし、買取においてはリフトアップする際に利用したパーツのメーカーによって人気がかなり違うため、厳しくチェックされることが多くなっています。

http://factory-win.com/