ドリ車の車検を通りやすくするポイント

ドリ車とはドリフトをすることに主眼を置いた自動車のことです。ドリ車=改造車というわけではありませんが、その多くは前輪の切角を増すなどのチューニングが施されており、特殊な自動車という側面が強くなっています。具体的な改造内容としてはインタークーラーやマフラーなどを改良したことによるトルクの増加、タワーバーやショックアブソーバーなどのチューニングなどが挙げられます。また、ドリフト走行中には車両を横に向けるため、正面に風が入りづらくなります。

これにより、エンジンがオーバーヒートしやすい状態になるため、オイルクーラーなどを設置するのが定番となっています。それほどの改造を施した車両であっても、公道を走れるようにしたいと考える方は多く、そのためには車検をクリアしなければなりません。車検は車両が安全に走行できるかをチェックするものなので、改造したドリ車は全て通らないというわけではありません。ただ、その審査に通らない内容の改造をしている場合は修正してから車検に出す必要があります。

ディーラー・整備工場にドリ車を車検に出す場合

最も手っ取り早いのはディーラーや整備工場に依頼することです。しかし、その場合は通常の車両よりも遥かに高額な料金が必要となります。また、戻ってきた車両をもう一度元の状態に戻すとなるとさらに費用がかさみます。そもそも、改造の内容によってはディーラーや整備工場に断られてしまうこともあります。そこで自らユーザー車検を行うことをおすすめします。

ユーザー車検は全ての手続きを自ら手で行うというものです。初めは面倒に感じる方も多いですが、やってみると意外と難しくなく、料金が大幅に抑えられるため、徐々に実施する方が増えています。実は陸運局の審査基準よりもディーラーや整備工場の審査基準の方が厳しいとされています。これはディーラーや整備工場が一度審査を通したにも関わらず、公共機関のチェックを通らなかったら信頼性を失うからです。

ディーラーや整備工場では念には念を入れて厳しい審査基準を設けています。そのため、車両の持ち主が陸運局に直接持ち込めば、それだけで審査をクリアしやすくなるとも言えます。また、自分以外の手によって改造を修正されてしまうと元の状態に戻すのが大変です。自分で修正すればどこをどうやって修正したか手に取るように分かるので、元の状態に戻しやすいと言えます。料金を節約してその分を新たなパーツ代に回すという方も多いです。

注意しておかなければならないのはどんな手段を用いて車検を行ったとしても、明らかに安全でない車両は審査を通らないということです。あくまで通りやすくする方法はあっても、絶対に通す方法はないということです。自らが陸運局に持ち込んでも審査をクリア出来なかった時は、安全性が確保出来ていないということなので、この機会に修正しておかないと事故に繋がり得るということになります。その点には細心の注意を払っておきましょう。