ドリ車には車高調を活かそう

ドリ車は走行中に車の姿勢を急激に変えることになるため、タイヤのグリップやステアリングの感覚が微妙に影響してくるものです。その為、きれいにドリフトを行うためにはステアリングの感覚や足回りのセッティングなどを適正にしておく必要があります。特に市販車の場合には最低限の危険回避能力しか考慮していないことが多く、もちろんドリフトをすることなどは想定していないので、そのための足回りにはなっていません。

そこでドリ車にするためには足回りを強化し最適なセッティングにするとともに、ステアリングの感覚をドリフトがしやすいように調整しておく必要があります。とは言え、なかなか最適なセッティングにすることは難しく、またステアリングの操作感を調整することもなかなか難しいものです。またサスペンションやショックなども様々なものが有るため、どれを選んで良いかわからないことも多いため、なかなか最適な状態にすることは難しいものです。

そこで利用したいのが、車高調です。その名の通り車高の他、サスペンションの減衰力を車に取り付けた状態で変えることができるので、色々なパーツを取り付けて試す必要がないため、非常に便利です。

車高調のドリ車に於ける最も一般的な使用方法は、まずは車に取り付けておおよそのセッティングにして安全なところで走行してみることです。実際にドリフトをしてみて車の姿勢変化、ステアリングの操作感などを確認します。そこで違和感の有る部分について調整し、再度ドリフトを行ってちょうどよいセッティングを見つけていく方法です。

車高調を使用しない場合には一度取りつけてしまうと減衰力やステアリングの感覚は固定されてしまうので、なかなかちょうどよい状態に調整することはできません。又、路面の状態などによっても大きく影響を受けるので、その場所や天候などによっても操作感は全く異なる為、その変化に対応することができないのですが、車高調を取り付けることで設定方法に慣れて熟練してくるとある程度の変化にはそのセッティングを変えることで対応できるようになります。

また、車の挙動は総合的なセッティングに大きな影響を受けてしまうものです。その為、ドリフトしやすいようなセッティングで通常のパーツを装着してしまうと、普通に走行する際には大きな違和感を感じてしまうことも少なくありません。特にステアリングの操作性はドリ車の場合には非常にクイックに設定する事が多いため、高速道路などを走行している際にはハンドルが取られやすくなったり、直進性が低下する事があります。そのため走行しにくくなってしまう事が多いのです。車高調を利用して普通に走行する場合とドリフトをする場合の設定を変えることで、それぞれに最適に対応した車の状態にすることができます。

最近では比較的安い価格で取り付けることができるものも有るので、ドリ車を考える場合は車高調を取り付けることを考慮するのが良い方法です。